外壁塗装

外壁の塗り替えと聞くと、ほとんどの方は外壁の色を変えることを思い浮かべるかもしれません。
しかし、本来外壁を塗り替える意味は「建物の劣化を防ぎ、耐久性を高めること」。

毎日雨風や紫外線にさらされる外壁には、それだけ大きな負担がかかっています。
そのため、住まいを保護している塗膜が機能しなくなると、外壁はみるみる内に劣化していき、雨漏りや腐食を引き起こしてしまうのです。

もしもご自宅の外壁に、ひび割れや塗膜の剥がれ、カビなどが見られる場合は、直ぐに当社までご相談ください。
お住まいの状況に合わせた適切な塗り替えで、外壁の耐久性を高め、長期的なリフォーム費用の削減を図ります。

 

外壁の耐久性が無くなるとどうなる…?

防水効果の低下
塗装の目的は、塗膜で外壁を保護し、雨や紫外線に直接さらされるのを防ぐこと。
塗膜が劣化しその効果が切れてしまうと、雨や湿気といった水分の浸入を許してしまいます。

ひび割れを引き起こす
コーキング(シーリング)と呼ばれる目地材が劣化し、痩せてきたりちぎれてしまうと、外壁がひび割れやすくなっていきます。
これは気温や湿度によって外壁が収縮したり、膨張することでできる“歪み”を目地部分が緩和しているから。
負荷に耐えられなくなると、外壁が反り始め、ますますひび割れは拡大していきます。

外壁内部の劣化
外壁にひび割れが起こってくると、浸水が進行し、外壁内部・躯体部分の腐食が始まります。
すると雨漏りが起こったり、柔らかい木材が大好きなシロアリを呼び寄せる原因にもなりえます。

 


環境や使用する塗料にもよりますが、外壁塗装の寿命はおよそ10年程度と言われています。
ひび割れや雨漏りなどの症状が生じてしまってからでは、外壁の劣化がかなり進んでいる状態のため、その分費用も高額に…。
定期的に外壁の点検を行うことが大事で、長期的に見た場合その方がコストパフォーマンスが良いと言えます。

一覧ページに戻る